エメラルドホール


ロゴについて

エメラルドマーク

国内でも有数のクラシック専門ホール「エメラルドホール」は、碧南市芸術文化ホールのシンボルであり、
碧南市の「宝物」です。


そのエメラルドホールをより広く多くの方に知って頂きたい、愛着を持って頂きたいという想いの下に、親しみのあるティアドロップ型のエメラルド石をモチーフとしました。


中央の円型は、碧南芸術村の中央に位置するフォーラムをイメージ、それを囲む形も色も異なる多角形は、
様々なジャンルや表現方法で芸術文化に親しむ方々を表現しました。


この碧南市芸術文化ホールを拠点として、様々な市民の方が、様々な形で芸術文化に親しむまちづくりを目指して。